記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2002-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
人気ブログランキングへ FF14ブログ&リンク巡回屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへ FF14ブログ&リンク巡回屋

巨人の貝塚 2

LSメンと三人で行ってきました。

編成は
赤/忍 赤/白 黒/赤(アトム)

戦術は前に『巨人の貝塚』で書いたので省略

リンクを張ってカカッと飛べればいいんですが

携帯でしか書けないのでリンク張れません。



3回目にもなるともうみんな慣れたもので、各自きちんと役割をこなしています。


完璧なマラソンの赤/忍。完璧な補助の赤/白。
完璧に雑魚処理回数を数えてない墨魔導士。


なかなか3匹目の雑魚が沸きません。
おかしいなぁと思いつつのんびりヒーリングする墨

ふと、嫌な予感が脳裏をよぎる

も・もしかして…

墨:「今雑魚2終わったとこですよね?」

「3終わってるわバカヤロー氏ねよ墨」
そんな言われ方はしてませんがそう思われてもしたかありません。


急いでボス倒し無事終了。
危なく時間切れにするとこでした。


ヴァナ歴3年の私、足ひっぱり続けて3年。
こんな私ですが、皆が誘ってくれるのは、私が過程でどんなミスやマヌケな失態をしても最後には帳消し以上の神ドロップを発揮するからです!


巨人の貝塚と言えば当たりは『ブラオドルヒ』。
極極極稀にダブルドロップもあります。
派手鯖では現在200~240万の高級品。
出せば今回の私の失態など許してくれる
いや、むしろ記憶の片隅にも残らないだろう


では開けます!!!
ブラオドルヒが待っている!

パカーッン!!












Atumはデジョンを唱えた


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ff11atum.blog58.fc2.com/tb.php/132-6682dc1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。